アマゾン株「1000ドル大台突破」の衝撃

アナリストは一段高を予想

 5月30日、米株式市場で、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムの株価が一時1001.20ドルに上昇し、1000ドルの大台を突破した。フランスで2月撮影(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 30日の米株式市場で、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>の株価が一時1001.20ドルに上昇し、1000ドルの大台を突破した。現在S&P総合500種を構成している銘柄として、1000ドル台に乗せたのは、インターネット旅行予約の米プライスライン<PCLN.O>に続いて2社目。

アマゾンの株価は年初来で33%上昇し、時価総額は約1200億ドル増加している。アナリストの目標株価中央値は1100ドルで、株価がさらに10%上昇することが予想されている。

ソラリス・アセット・マネジメントのティム・グリスキー最高投資責任者は「どの銘柄にとっても1000ドルは心理的節目だ」とした上で、これはただの数字で、アマゾン株が一段と上昇するとの見方を示した。

アマゾンを除く米国の時価総額上位4社のうち、アップル<AAPL.O>とフェイスブック<FB.O>の株価も今年に入り33%近く上昇。グーグルの親会社アルファベット<GOOGL.O>とマイクロソフト<MSFT.O>はそれぞれ26%と13%値上がりしている。

アマゾンを含めたトップ5社の時価総額は合計3兆ドル近くとなり、S&P総合500種構成銘柄の時価総額の13%以上に相当する。

時価総額トップはアップルの8000億ドル超。アップルは3年前に1株を7株にする株式分割を行ったが、これがなければ現在の株価は約1080.11ドルとなる。

アルファベットの株価は最近994.32ドルに上昇し、S&P総合500種構成銘柄として1000ドル突破をアマゾンと競っていた。

プライスラインは2013年9月に1000ドルを突破し、直近では1850.50ドルで推移。ただ時価総額は920億ドル近くと、アマゾンの時価総額(4760億ドル)を大きく下回る。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。