北朝鮮、東部沿岸元山から飛翔体発射の暴挙

日本の排他的経済水域内に着水

 5月29日、韓国軍によると、北朝鮮は東部沿岸の元山から東に向けて未確認の飛翔体を発射した。3月撮影(2017年 ロイター/Edgar Su)

[ソウル 29日 ロイター] - 韓国軍によると、北朝鮮は29日、東部沿岸の元山から東に向けて未確認の飛翔体を発射した。

韓国合同参謀本部の声明によると、文在寅大統領はただちに発射の報告を受け、国家安全保障会議を招集した。会議は日本時間午前7時半から開かれる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。