香港警察がUberの運転手21人を逮捕したワケ

逮捕されたのは21〜59歳の男女

 5月23日、香港の警察は、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの運転手21人を逮捕した。同社の営業に対して行っている取り締まりの一環。写真は香港の同社オフィス。2015年8月撮影(2017年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 23日 ロイター] - 香港の警察は23日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]の運転手21人を逮捕した。同社の営業に対して行っている取り締まりの一環。

逮捕されたのは21─59歳の男女(20人と1人)。警察は5月におとり捜査を開始したとし、これらの男女が第三者賠償責任保険に加入せず違法に配車を運転したとしている。

捜査は継続しており、さらなる逮捕者が出る可能性を排除しないという。

ウーバーからのコメントは現時点で得られていない。

ウーバーの営業を巡っては3月に香港の裁判所が運転手5人に有罪判決を言い渡し、それぞれに罰金1万香港ドル(1287.91米ドル)を科した。運転免許も1年間の取り消しとしたが、運転手が上訴する間、執行は延期された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。