香港警察がUberの運転手21人を逮捕したワケ

逮捕されたのは21〜59歳の男女

 5月23日、香港の警察は、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの運転手21人を逮捕した。同社の営業に対して行っている取り締まりの一環。写真は香港の同社オフィス。2015年8月撮影(2017年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 23日 ロイター] - 香港の警察は23日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]の運転手21人を逮捕した。同社の営業に対して行っている取り締まりの一環。

逮捕されたのは21─59歳の男女(20人と1人)。警察は5月におとり捜査を開始したとし、これらの男女が第三者賠償責任保険に加入せず違法に配車を運転したとしている。

捜査は継続しており、さらなる逮捕者が出る可能性を排除しないという。

ウーバーからのコメントは現時点で得られていない。

ウーバーの営業を巡っては3月に香港の裁判所が運転手5人に有罪判決を言い渡し、それぞれに罰金1万香港ドル(1287.91米ドル)を科した。運転免許も1年間の取り消しとしたが、運転手が上訴する間、執行は延期された。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。