公開!「UberEATS」を2倍おトクに使う裏技

都心限定「出前サービス」の仕組みとは?

配車アプリを運営するウーバー・テクノロジーズが始めた出前サービス「UberEATS」

世永玲生です。元コンシューマータイトルのゲームデザイナーで、現在はIT全般のマーケティングやサービス分析などを行っています。

さて、出前サービス「UberEATS」が9月29日、都内の一部エリアでスタートしましたので早速利用してみました。

UberEATSはわかりやすく言うと、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリを運営するウーバー・テクノロジーズが始めた、フードデリバリーの新サービスです。

スマホ上のアプリで注文をすると、各種フード類のデリバリーサービスを利用できます。

対応エリアは2日間で拡大している

現在の配達エリア

対応エリアは、具体的には、渋谷区、港区に加え周辺の一部エリアです。駅で言いますと、渋谷・目黒・中目黒・新橋・信濃町周辺の方はアプリを立ち上げ希望のメニューを選ぶだけで、利用することができます。

エリアはサービス開始から2日間でも拡大しているので、現在のサービスエリアにギリギリ届かない方は、まめにチェックしてみるとよいでしょう。また、住所は後で変更できますので、サービス範囲内の住所を入れることで、各種メニューなどをチェックをすることは可能です。

現在把握できている範囲で言いますと、主菜1品から注文できますし、オープンキャンペーンでワンコインメニューも豊富に取りそろえられています。

ところで、このUberEATSには「初回用クーポン(プロモーションコード)」と「紹介用クーポン(プロモーションコード)」の2種類が存在するのをご存じでしょうか。

次ページどういうクーポンなのか
人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。