フェラーリ「峠仕様の跳ね馬」は何がスゴいか

「カリフォルニアT HS」に乗ってみた

フェラーリ カリフォルニアTを、軟派なオープンカーだと思うのは早合点だ。「HS:ハンドリング・スペチアーレ」のオプションを装着し、峠仕様へと生まれ変わった跳ね馬に大谷達也が試乗した。

モデル名の末尾につけられた“HS”の正体

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

箱根の朝は、まだ冬の色が濃かった。ピンと張り詰めた空気を大きく吸い込むと、鼻の奥がツンと痛む。普段であれば車内に飛び込んで窓を閉め切り、背中を丸めてヒーターを全開にしたくなるところだが、この日はセンターコンソール上のスイッチを操作して金属製のリトタクタブルルーフを開け放った。そうすることが、このクルマには相応しいと思ったからだ。私のかたわらに佇む美しいスポーツカー、フェラーリ・カリフォルニアT HSは、そんな不思議な力を宿していた。

カリフォルニアTは、現フェラーリのラインナップではエントリーモデルに位置する。フロントに搭載された最高出力560ps/7500rpm、最大トルク755Nm/4750rpmのV8 3.9リッター・ターボエンジンは7段デュアルクラッチ式ギアボックスを介して後輪を駆動するが、フロントエンジンにもかかわらず重量配分はF:R=47:53とややリアヘビーで、スポーツカーとして理想に近いバランスを得ている。

モデル名の末尾につけられた“HS”は、オプションの「ハンドリング・スペチアーレ」を装着していることを意味する。端的にいえばクルージングよりもワインディングロードを得意とする足回りが与えられている“証”だ。

次ページ誇り高き“跳ね馬”の紋章が与えられているからには…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT