フェラーリ新型12気筒モデルは何がスゴいか

812スーパーファストは800馬力の超弩級車

 

フェラーリは2月16日、F12 ベルリネッタに変わる新型12気筒クーペとして、812 スペチアーレを発表した。シリーズプロダクションとして同社史上もっともパワフルなモデルの登場だ。

フェラーリ最後のV12NAエンジン

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フェラーリ 812 スーパーファストと名づけられたニューモデルは、800馬力の6.5リッターV型12気筒エンジンをフロントに搭載する後輪駆動車だ。一般公開は2017年3月初旬にスイス・ジュネーブで開催される自動車ショーを予定している。

フェラーリ 812 スーパーファストは、2012年に発表されたF12 ベルリネッタ(740馬力)の後継モデル。静止から時速100kmまで加速タイムはわずかに2.9秒で、先代の3.1秒から0.2秒も縮めた。「走りに徹し、一般道でもサーキットでも胸のすくようなドライビングを楽しんでいただけるよう設計」されているとフェラーリはプレスリリースで謳う。

65度のバンク角を持つ最新の自然吸気V12エンジンは、588kW(800ps)の最高出力を8000rpmで、718Nmの最大トルクを7000rpmで発生する。完全にレースカーのような設定だ。今回、エンジンを高性能化できた背景として、350バールの燃料直噴システムと可変インテークシステムの採用をフェラーリでは挙げている。

次ページ美のためだけのデザインではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。