任天堂スイッチ、見えてきた「勝利の方程式」

スタートダッシュ成功、各国で入荷待ち状態

スプラトゥーンなど自社ソフトの発売予定は明確。あとは他社ソフトだ(撮影:田所千代美)

任天堂「勝利の方程式」

今後のスイッチの動向を左右するソフトに関してはどうか。自社開発ソフトでは『マリオカート』『ARMS』『スプラトゥーン』『マリオ』など、大型タイトルの新作を投入する予定で、具体的な発売時期も告知されている。ただ、他メーカーの大型新作については情報が少ない。スクウェア・エニックス・ホールディングスの『ドラゴンクエストⅪ』は発売が決まっているが時期は未定だ。大手各社の動きは注視する必要がある。

さらに、スマホ向けゲームの動向もポイントだ。昨年は、『ポケモンGO』の世界的ヒットが携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けの『ポケットモンスター サン・ムーン』の販売を押し上げ、3DSそのものの拡販にもつながった。今期は発表済みの『どうぶつの森』を含めてスマホ向け新作を2~3タイトル出すという。これらがどれだけヒットするかも重要だ。

ゲーム機本体とソフトの両方を手掛ける任天堂にとって、自社ゲーム機を普及させ、ソフトの販売で利益を稼ぐことが「勝利の方程式」。順調なスタートを切っているスイッチの勢いをどこまで続けられるかが、任天堂全体の今後を左右する。出足好調とはいえ、これからも気を抜けない状況が続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT