任天堂スイッチ、見えてきた「勝利の方程式」

スタートダッシュ成功、各国で入荷待ち状態

さらに、2月には『ファイアーエムブレム ヒーローズ』をリリースした。こちらは基本プレイを無料とし、課金はゲーム内通貨の購入を通して行われる。ゲーム内通貨の主な使い道は、一般に「ガチャ」と呼ばれるアイテム抽選だ。君島社長は「ダウンロード数はマリオランの10分の1に満たないが、売り上げはファイアーエムブレムのほうが高い」と話した。

君島社長は「にこやか」というほどではないが、安堵の表情を浮かべていた(記者撮影)

決算発表と同時に任天堂は2017年度の業績予想と、ゲーム機およびソフトの販売計画を開示した。売上高は7500億円(前期比53.3%)と大幅な増収を見込み、営業利益は650億円(同121%)とこちらも大幅な増益を達成する計画だ。

増収の要となるのは、今期から1年を通して業績に寄与するスイッチの売り上げだ。年間販売計画はゲーム機本体が1000万台で、ソフトは3500万本を売り上げる予定となっている。2016年度の販売分274万台と合わせれば、1年ちょっとで2012年に発売したWii Uの総販売数量1356万台に迫る水準となる。

スイッチの販売台数はWiiに迫る勢い

任天堂が発売したゲーム機の中で最も売れたのは累計約1億台を販売した「Wii」で、発売2年目の販売台数は1861万台だった。スイッチはその水準にどこまで近づけるかが焦点となりそうだ。

君島社長は「1000万台という計画の根拠となる方程式はない。あえて根拠を申し上げれば、これから出る自社ソフトやほかのソフトメーカーの作品が支持され、それらがどれだけ販売を牽引するかを考えた。かなりWiiに近い勢いになるのではないか」と手応えを話す。

また、大幅な増収予想にもかかわらず利益水準が低いのではないかという質問について、君島社長は「今年はそれなりのプロモーションや宣伝費をかけていく。営業利益650億円という水準は決して簡単なものだとは思っていない」と補足。ここ数年絞り込んでいた広告宣伝費も積極投入する姿勢を示した。

次ページ自社ソフトは盤石だが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT