「中国逆回転」ー高成長路線の矛盾が噴出ー

過剰投資の裏で「影の銀行」が急拡大

市場改革の徹底がリコノミクスの真骨頂

李首相は3月の就任直後から、「改革は最大のボーナス(紅利)である」として、市場化改革を徹底する方針を示してきた。その政策はエコノミストによって、1財政出動の抑制、2過剰融資の是正、3産業構造の改革、の3点にまとめられ、「リコノミクス」と称されている。

間の悪いことに、足元では外需低迷などを受け景気がさらに落ち込む気配がある。改革への抵抗が強まるのは必至で、限定的な景気対策を打つこともありうるだろう。

農村からの出稼ぎ者に対する都市戸籍付与や、雇用拡大を目指したサービス産業の育成など、必要な改革は難しく、時間のかかるものばかりだ。だが、それなくして中国の未来は開けない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT