トランプ米大統領、シリア追加攻撃を示唆

シリアの作戦機は20%損傷・破壊

 4月10日、マティス米国防長官は、シリア攻撃で作戦機20%などを損傷、破壊したと発表した。写真は国防総省で2月撮影(2017年 ロイター/Mary F. Calvert)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウスのスパイサー報道官は10日、記者団に対し、シリア政府が化学兵器あるいは樽爆弾の使用を続ける場合、トランプ大統領はシリアへの追加攻撃を指示する用意があると明らかにした。

樽爆弾は、円筒形の容器に火薬や金属片を詰めた爆弾。

スパイサー報道官はその後の電子メールで、追加攻撃のきっかけとして樽爆弾に言及したことは米国の立場の変更を反映したものではないと説明した。

一方、マティス米国防長官は10日、前週のシリア攻撃で同国の作戦機20%に加え、燃料や武器施設などを損傷、破壊したと発表した。

長官は「シリア政府はシャイラット空軍基地での燃料補給や再武装の能力を失った」と述べた。

*内容を追加して再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。