トランプ米大統領、シリア追加攻撃を示唆

シリアの作戦機は20%損傷・破壊

 4月10日、マティス米国防長官は、シリア攻撃で作戦機20%などを損傷、破壊したと発表した。写真は国防総省で2月撮影(2017年 ロイター/Mary F. Calvert)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米ホワイトハウスのスパイサー報道官は10日、記者団に対し、シリア政府が化学兵器あるいは樽爆弾の使用を続ける場合、トランプ大統領はシリアへの追加攻撃を指示する用意があると明らかにした。

樽爆弾は、円筒形の容器に火薬や金属片を詰めた爆弾。

スパイサー報道官はその後の電子メールで、追加攻撃のきっかけとして樽爆弾に言及したことは米国の立場の変更を反映したものではないと説明した。

一方、マティス米国防長官は10日、前週のシリア攻撃で同国の作戦機20%に加え、燃料や武器施設などを損傷、破壊したと発表した。

長官は「シリア政府はシャイラット空軍基地での燃料補給や再武装の能力を失った」と述べた。

*内容を追加して再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。