ロシア・イラン首脳が電話会談で話したこと

米国のシリア攻撃を非難

 4月9日、ロシアのプーチン大統領(写真)とイランのロウハニ大統領は電話で会談し、米軍によるシリアへの攻撃は許されず、国際法に違反するとの考えを示した。提供写真。5日撮影(2017年 ロイター/Sputnik/Aleksey Nikolskyi/Kremlin via REUTERS)

[モスクワ 9日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領とイランのロウハニ大統領は電話で会談し、米軍によるシリアへの攻撃は許されず、国際法に違反するとの考えを示した。ロシア政府が9日発表した。

発表によると、両首脳はまた、シリア北部の空爆で化学兵器が使用されたかどうかの客観的な調査を要請。テロリズムとの戦いで一層協力する用意があると表明した。

ロシア政府によると、電話会談はイラン側の提案で行われた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング