ロシア・イラン首脳が電話会談で話したこと

米国のシリア攻撃を非難

 4月9日、ロシアのプーチン大統領(写真)とイランのロウハニ大統領は電話で会談し、米軍によるシリアへの攻撃は許されず、国際法に違反するとの考えを示した。提供写真。5日撮影(2017年 ロイター/Sputnik/Aleksey Nikolskyi/Kremlin via REUTERS)

[モスクワ 9日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領とイランのロウハニ大統領は電話で会談し、米軍によるシリアへの攻撃は許されず、国際法に違反するとの考えを示した。ロシア政府が9日発表した。

発表によると、両首脳はまた、シリア北部の空爆で化学兵器が使用されたかどうかの客観的な調査を要請。テロリズムとの戦いで一層協力する用意があると表明した。

ロシア政府によると、電話会談はイラン側の提案で行われた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT