ロシア・イラン首脳が電話会談で話したこと

米国のシリア攻撃を非難

 4月9日、ロシアのプーチン大統領(写真)とイランのロウハニ大統領は電話で会談し、米軍によるシリアへの攻撃は許されず、国際法に違反するとの考えを示した。提供写真。5日撮影(2017年 ロイター/Sputnik/Aleksey Nikolskyi/Kremlin via REUTERS)

[モスクワ 9日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領とイランのロウハニ大統領は電話で会談し、米軍によるシリアへの攻撃は許されず、国際法に違反するとの考えを示した。ロシア政府が9日発表した。

発表によると、両首脳はまた、シリア北部の空爆で化学兵器が使用されたかどうかの客観的な調査を要請。テロリズムとの戦いで一層協力する用意があると表明した。

ロシア政府によると、電話会談はイラン側の提案で行われた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT