ディズニーキャストが見た「理想のリーダー」

「感動」を分かち合うチームは結束力が強い

どうすれば、メンバーにとって満足度の高いリーダーになれるのでしょうか。実はそれも、調査で明らかになっています。ディズニーのキャストたちが導き出した、「理想のリーダー像」を見てみましょう。

[相談できる雰囲気がある]
・メンバーのことをつねに気にかけているのが伝わり、話しやすい
・キャストにも気さくに声をかけて偉ぶらず、印象がよい
・仕事のやりがいや楽しさを自分の言葉で語っている
[課題や方針を明確にする]
・やるべきことや、目指すべきものを具体的に示してくれる
・全社的な課題や会社の方向性などを、各人に合わせてわかりやすく伝えてくれる
[責任感が強い]
・最後の責任は自分がとる、という姿勢でいる
・自らの責任において、ひとつ上の仕事を任せてくれる
・意見が分かれたときには、自らの判断できちんと方針を決定する
[指導力・育成力がある]
・まずは自分がやる姿を見せて、学ばせる
・メンバーの仕事のスキルや、特徴を熟知している
・折に触れ、メンバーの今後のキャリアに対しアドバイスを行う

 

このようなリーダーになることができれば、メンバーたちの満足度は高まり、より生産性の高いチームへと変わることができるはず。職場の居心地のよさは、リーダー次第なのです。

リラックスできる面接で、その人の本質を引き出す

ディズニーリゾートで働くキャストたちは、面接を経て採用されていますが、ユニークなのは書類審査がないこと。面接のみで、人柄を判断しています。

ディズニーの採用活動の代表的なものとして「キャスティングサテライト」があります。数千人規模の応募者を集め、大きな会場で行われる一大イベントです。この面接に参加するにあたって、履歴書などは一切不要で、髪型や服装も自由です。

さらに特徴的なのは、会場の雰囲気です。私が在籍していた頃は、会場にはパークと同じような音楽が流れ、実際のコスチュームに身を包んだ先輩キャストが歩いていたり、風船がたくさん飛んでいたりと、一般的な面接会場のイメージとはかけ離れています。

そのせいもあって、会場ではがちがちに緊張しているような人はまずいません。ほとんどの人が笑顔で、面接を受けた後も「楽しかった」と口にします。

次ページ応募者の本質と向き合う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。