「名刺交換」意外とわかってない基本中の基本

基本3動作にひと工夫できれば好印象だ

まずは基本的なマナーの1つ目です。名刺は、両手で渡して、両手で受け取って下さい。私の実体験からも、この方法が、一番丁寧なやり取りだからです。名刺は同時交換になってしまうと、片手で渡して、片手で受け取ることになります。ただ、もしも名刺交換が同時になりそうな場合は、自分から先に名刺を出すか(こちらが望ましい姿です)、相手の名刺を先に両手で受け取るなど、その場に応じて臨機応変な対応が大切になります。

名刺は、目下の人から先に出す

続いて、基本的なマナーの2つ目です。名刺は、目上の人からではなく、目下の人から先に出します。営業マンは、お客さまの会社を訪問する側で、目下になります。常に、自分から先に名刺交換するくらいの気持ちでいてください。そうした心持ちがあるだけでも、相手に与える印象は大きく違います。新人のあなたよりも、営業先の担当者の方が、名刺交換には慣れていますが、それでも先方が先に名刺を出してくる前に、まず目下である自分が名刺を出すことを第一に心がけましょう。

自分から先に名刺交換するためには、席でお客さまを待っているとき、相手に渡す名刺を、名刺入れから出して準備しておくことです。お客さまが来てから、名刺を出すようでは、新人営業マンとしては失格といえるでしょう。しかし、あなたが名刺を差し出す前に、お客さまから先に名刺を出されるケースも中にはあるはずです。そんなときは、先に受け取ってしまっても大丈夫です。

最後に基本的なマナーの3つ目です。お客さまと机を挟んでいる場合は、机越しに名刺を渡すことはやめましょう。必ず、机を挟まない位置に移動してから、名刺を渡すこと。よく、机越しに名刺交換をしてしまいそうになりますが、必ず、自分から机を挟まない位置に率先して移動して下さい。

これが、名刺交換の基本中の基本となる3つのマナーです。これらは、新人営業マンの当たり前のマナーとして覚えておいて下さい。当然ながらこれはできて当たり前のことなので、これだけでは他の営業マンと大差などはつきません。あくまで常識、最も基本的なマナーだと覚えておきましょう。

次ページ「ひと言追加」の法則が効果的
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。