できる人ほど服装が野暮ったくなる深いワケ

あえてエコバッグを使う経営者もいる

相手を安心させるための、「ヌケ」のあるファッションとは?(写真:Fast&Slow / PIXTA)
ビジネスパーソンなら、ぴしっとスーツを着るべき――。そう思っている方が多いかもしれません。しかし、本当の超一流のリーダーは、あえて「ヌケ」をつくっていると聞いたらどうでしょうか?
谷本有香さんは、経済キャスター、ジャーナリストとして15年以上、国内外で企業トップや海外のVIPと呼ばれる人たちに取材をしてきました。スターバックス元CEOのハワード・シュルツ、世界的な投資家であるジム・ロジャーズ、日本電産の永守重信社長など、インタビューしたトップリーダーは1000人以上に上ります。『何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣』の著書もある谷本さんに、皆さんが毎日気を使っている服装についてまとめていただきました。

ラフなバッグに変えるだけで変わる印象

本当の「トップリーダー」こそ、むしろ服装やファッションにヌケがある、と聞いたら、あなたはどう思うでしょうか? 世間では、しっかりとした服装をしてこそ、一流のビジネスパーソンと思われるかもしれませんが、超一流の方は、実は違うのです。

質のいいものは身に着けているのかもしれませんが、胸ポケットにチーフをしている人はほとんど見たことがありませんし、カフスも、いかにもなブランドバッグも見掛けません。それどころか、エコバッグをひょいと持っていたりします。

先日、以前、日本を代表するような会社の社長を務められ、現在も会社の創業・経営をするI氏と、内閣と教授の両方の顔を持つK氏とお食事をご一緒させていただいたのですが、おふたりともペラペラのエコバッグで登場したのでビックリしました。つい「それはやっているんですか?」と聞いてしまったくらいです。

そうしたら「こういうラフなバッグに変えるだけで、硬い感じが消えるし、そのアイテムから話題が広がることも多く、いいことばかりなんだよ」と教えてくださいました。そして、付け加えるように「ほら、俺ってみんなから怖い人って思われているしね」とチャーミングに笑うんです。それだけで、親近感がグッとわき、ファンになってしまうのです。

振り返ってみれば、ある世界的な雑誌の編集長も、持つのはいつもカジュアルなバッグです。他にも、麻のバッグなど軽くて丈夫そうなラフなバッグを持っているリーダーを複数見ました。

スーツでなく、Tシャツにジーンズで仕事をするような若い世代の社長さんならファッションとしてそれもわかるのですが、そうでない世代の方たちなので驚いてしまいます。そして、ちょっとホッとするのです。

次ページ世界2位のセールスマンが、「ダサい格好」を進める理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT