テレビが「バカにしていた」ネットに頼る皮肉

情報番組の2割を「ネット発」が占める実態も

そんな日常の中で、あるテレビ番組のアシスタントディレクター(AD)から仰天の問い合わせがあった。使用許可申請があったのは、NEWSポストセブンに掲載した『週刊ポスト』からの転載記事だった。

AD:「……というわけですので、この記事の使用許可をください」

:「使用許可は週刊ポスト編集部に連絡いただけますか? 番号は……です」

AD:「でも、私はNEWSポストセブンを読んで今、電話をしているんです」

:「ただ、記事の出典は『週刊ポスト』なんです。実際にポストを読んでいただければわかりますが、同じ内容の記事があるはずです」

AD:「『週刊ポスト』、ここにはないんですよ!」

かつて、テレビのリサーチャーやADはとりあえず雑誌を多数購入し、ネタを探していたが、いまやトランプ氏の「指先介入」ならぬ「指先探索」で情報をすべて集めようとしている企画担当者もいるということだろう。コンビニに少し行くだけの余裕すらないほど、テレビの企画担当者は時間がないのかもしれない。

かつてマスメディア人が「バカにしていた」ネット

「記者は足で稼いでなんぼでしょ?」「ネットなんてまだまだサブカル以下でしょ?」「そんなものをニュースにする感覚がわからない」――

2000年代中盤、J-CASTニュースやITメディアニュース、私も関与している(いた)アメーバニュース、R25は、「ネットも“社会”の1つ」という考えの下、「ネット事件簿」的なものも記事として紹介していた。それこそ、「豚丼を牛丼店の店員が山盛りにして『テラ豚丼』を作り、それを動画配信して炎上」といった記事である。

当時、新聞記者やテレビマンとの会合などでこうした話をすると鼻で笑われたものだ。かつてのマスメディア人は、「ネットはあくまでもオタクが集う場所であり、世間に顔出しできぬ臆病者が傷をなめ合ったり、匿名で立場ある者を罵倒したりする異常空間である」ととらえていたフシがある。悪い言い方をすれば「バカにしていた」といえる。

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏は「2ちゃんねるはゴミため」という趣旨の発言をしたことがある。同じくジャーナリストだった故・筑紫哲也氏も「ネットの書き込みは便所の落書きのようなもの」と言っていたものだ。

そんなふうに揶揄されていたネット発の情報だが、テレビ関係者も無視できない存在になったどころか、ネット頼みになっているテレビ人も少なくない。それは新聞や雑誌も同じだ。ネット発の情報がいまや世間を大きく騒がせ、時代を動かすこともある。黎明期からのネットニュースを知っている編集者としては感慨深い。皮肉なものだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。