FRBはあと3回利上げし、ドル円は年末118円に

BBHのマーク・チャンドラー氏に聞く

マーク・チャドラー(Marc Chandler)/ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのシニアバイスプレジデント。通貨ストラテジー部門グローバル・ヘッド。それ以前は、HSBCバンクUSA、メロンバンクでチーフ通貨ストラテジストを歴任

――年末のドル円相場をどのくらいと見ていますか。トランプ大統領が選挙期間中にいっていたように、FRBに圧力をかけるようなことはあるのでしょうか。

年末は1ドル=118円ぐらいだろう。かりに途中でドル円が120円になれば、FRBは利上げをするので、引き締め効果を持つ。

トランプ大統領はFRBに圧力をかける必要などない。現在空席となっている2人の理事はトランプ政権が任命するし、来年までには5人が入れ替わる。そのような形で、政権の意向に沿った形になっていく。それは日本銀行と同じだ。トランプ大統領はビジネスマンなので、経済の堅調が続けば、それに応じた緩やかな利上げ継続を好むだろう。

インフラ投資の規模に限界も。国境調整税は難しい

――既に経済が完全雇用の状況で、トランプ大統領の主張のように、インフラ投資を拡大し減税を行なって財政を拡張すれば、景気は加熱してしまうと思いますが。

リーマンショックで景気が大きく落ちこんだ後、東海岸や西海岸は回復した。しかし、トランプ大統領の支持基盤である中西部の中都市、ラストベルトはその恩恵を受けていない。日本でも東京は良いが地方都市は厳しいのと同様の状況がある。インフラの毀損も著しい。だから、公共事業はやるだろう。

ただ、彼の主張している1兆ドルといった規模が議会で通るとは思えない。共和党には成長重視派と財政重視派とがあり、フリーダムコーカス(Freedom Caucus、自由議連、伝統的保守派の集まり)の人たちは放漫財政に歯止めをかけたいと思っている。

次ページ米国経済はもっとよくなるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。