FRBはあと3回利上げし、ドル円は年末118円に

BBHのマーク・チャンドラー氏に聞く

3月24日トランプ大統領はオバマケア代替法案を採決直前に取り下げ。公約を果たせず大きなつまずきに(写真:AP/アフロ)
オバマケア代替法案で躓いた米国のトランプ大統領。今後の経済政策の実現可能性は?FRBの利上げパスは? 米国で最古かつ最大のプライベート銀行、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの通貨ストラテジー部門グローバル・ヘッドのマーク・チャンドラー氏にドル円相場の見通しとともに話を聞いた。

――トランプ政権は保護貿易主義的な発言をし、当初は中国を為替操作国に指定すると言っていました。4月に米国財務省が出す「為替報告書」でそのようなアクションを起こすのでしょうか。また、そのあおりでドル円相場に影響は出るのでしょうか。

トランプ政権には2つの派閥があって自由貿易主義と保護貿易主義の陣営が闘っている。通貨に関してはムニューシン財務長官をはじめ自由貿易主義的なグループがリーダーシップを取っている。通商関係ではウィルバー・ロス商務長官など保護貿易主義的なグループが強い。「公正さ」の意味が2つのグループでは違うだろう。

現時点では為替操作国と認定する3つの数値基準(対米貿易黒字、経常黒字、一方的な為替介入について定めたもの)が当てはまらないので、中国に対する認識も変えたと考えられる。為替操作国への認定はしないだろう。

そもそも、彼が操作国だと言っても、それだけでは相場には影響しない。金利差が相場のドライバーであり、米国金利は日本の金利に対して上昇しているので金利差からドル高円安方向に進む。

FRBは年内にあと3回の利上げも

――FRB(米国連邦準備制度理事会)は3月に利上げを行った。年内あと何回利上げすると見ていますか。

FOMC(米国連邦公開市場委員会)のインフレ見通しは、昨年 12月には、「2%に到達することが期待できる(expect)」というものだったのが、「2%になるだろう(will)」という言い方に変わってきた。利上げに前向きになっているといえる。年内にあと2回ではなく、3回になる可能性が高まっていると思う。

FOMCとしては、米国の政策金利は低すぎると見ており、金融正常化を進めたいという気持ちが強い。可能ならば利上げを進めていこうとするだろう。2年債のイールドは今1.3%ぐらいだが、FOMCの見通しでは2年内にあと5回の利上げがあるということなので2.25%程度ということになる。それだけ市場のほうが弱気で織り込みが遅いということだ。

そもそも米国経済は完全雇用に近く、インフレ率も2%近い中で、利上げが後手に回ってしまうおそれがある。景気が悪くなった時に下げられるように、備えとして利上げしておく必要もある。

次ページトランプ大統領の政策の行方
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT