送別会前に知りたい「花束贈呈」基本中の基本

予算は?選び方は?渡し方に作法はあるの?

いずれにしても、良い花束を贈るコツは良いフラワーショップを見つけることから始まる。「ふだんから、フラワーショップを見て、お店のテイストを知っておくことが重要です。たとえばカジュアルな花屋さんに行って、フォーマルな花束を作ってほしいと頼んでも、そもそもフォーマルな花がなく、思い通りの花束にならないことも考えられます」(西澤氏)。

年度末は、あらかじめ予約しておくのが吉!

一方、いくらお気に入りのフラワーショップを見つけても、その日に欲しい花が必ずしもあるとは限らないので、確実に仕入れてもらえるように、できればあらかじめ予約を入れておきたい。「年度末の時期も、送別会が集中するため予約をしておいたほうがいいでしょう。ぎりぎりに頼んだら、セレモニーに間に合わない可能性があるからです。予約する際も、何時までに作っておいてほしいと言っておいたほうがいいでしょう」(西澤氏)。

多くのフラワーショップは電話やネットでの注文を受け付けている。慣れてくれば、そうした注文方法を活用すれば便利だ。

「とくに春は、花贈りには最適の季節。チューリップ、スイートピー、アネモネ、ラナンキュラスをはじめ、春にしかない花がたくさんあります。また、桜や桃といった枝ものもあるので、見ているだけでも楽しいし、いつもと違った趣も出せます」(西澤氏)。もし、花束の手配を頼まれたら、目的・予算・好みに加えて、「春の花を入れてください」と言ってみるのもいいかもしれない。季節感が漂う思い出に残る花束になるはずだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。