ニュージーランドでミツバチの盗難が激増

背景にマヌカハニー価格の高騰

 3月15日、ニュージーランドのミツバチが、組織化された犯罪シンジケートによって巣ごと盗まれ、取引されている。警察と養蜂業界が明らかにしたもので、高騰するはちみつ価格の恩恵を得ようとする狙いとみられている。写真は昨年8月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[ウェリントン 15日 ロイター] - ニュージーランドのミツバチが、組織化された犯罪シンジケートによって巣ごと盗まれ、取引されている。警察と養蜂業界が明らかにしたもので、高騰するはちみつ価格の恩恵を得ようとする狙いとみられている。

ロイターが接触した複数の養蜂業者によると、味とともに殺菌作用が注目されているニュージーランド原産のマヌカハニーの価格が2012年以来3倍の水準に跳ね上がっており、ミツバチ関連の犯罪増加を誘発している。

警察は電子メールで声明を発表し、1月までの6カ月間に報告されたミツバチまたははちみつの盗難が400件に上ったと述べた。

ニュージーランドのはちみつ産業は活況で、公式統計によると、昨年6月までの1年間に、はちみつ輸出は35%増加し、3億1500万ニュージーランドドル(約250億円)に達した。その3分の1は、中国と香港に輸出されているという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。