ニュージーランドでミツバチの盗難が激増

背景にマヌカハニー価格の高騰

 3月15日、ニュージーランドのミツバチが、組織化された犯罪シンジケートによって巣ごと盗まれ、取引されている。警察と養蜂業界が明らかにしたもので、高騰するはちみつ価格の恩恵を得ようとする狙いとみられている。写真は昨年8月撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[ウェリントン 15日 ロイター] - ニュージーランドのミツバチが、組織化された犯罪シンジケートによって巣ごと盗まれ、取引されている。警察と養蜂業界が明らかにしたもので、高騰するはちみつ価格の恩恵を得ようとする狙いとみられている。

ロイターが接触した複数の養蜂業者によると、味とともに殺菌作用が注目されているニュージーランド原産のマヌカハニーの価格が2012年以来3倍の水準に跳ね上がっており、ミツバチ関連の犯罪増加を誘発している。

警察は電子メールで声明を発表し、1月までの6カ月間に報告されたミツバチまたははちみつの盗難が400件に上ったと述べた。

ニュージーランドのはちみつ産業は活況で、公式統計によると、昨年6月までの1年間に、はちみつ輸出は35%増加し、3億1500万ニュージーランドドル(約250億円)に達した。その3分の1は、中国と香港に輸出されているという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT