宮崎カジノ構想浮上のセガサミーが公募社債

地元のカジノ誘致研究会にもオブザーバー参加

地元経済界によるカジノ誘致構想が浮上した「フェニックス・シーガイア・リゾート」

地元経済界による研究会発足で、カジノ誘致構想が急浮上している「フェニックス・シーガイア・リゾート(以下シーガイア、宮崎県宮崎市)」。そのシーガイアを運営するセガサミーホールディングスが、初の公募による社債で資金調達を行った。

セガサミーが昨年2月に買収を発表したシーガイアは、ホテル、ゴルフ、温泉などを中心とした総合リゾート施設。セガサミーの里見治会長兼社長は、昨年4月に現地で開いた記者会見の場で、「法制化されればカジノも検討していきたい」と、シーガイアをカジノも含むインテグレーテッドリゾート(IR=統合型リゾート)に展開していく構想を明らかにしていた。

セガサミーが今回行った公募による社債での資金調達は、このシーガイアのIR構想をも念頭に置いたものとみられる。

借入金返済目的だが、資金調達多様化の狙いも

今回、セガサミーが実施した社債による資金調達の内容は、7月19日に申し込み締め切り、7月25日払い込みで、第1回および第2回無担保社債を発行するというもの。調達資金は各50億円で合計100億円。調達資金は全額借入金返済に充当する。

セガサミーはこれまでも無担保社債を発行してきており、グループ傘下のサミー、セガ、セガトイズもそれぞれ無担保社債を発行してきているが、いずれも私募発行だった。しかし、今回の無担保社債は一般募集、いわゆる「公募」というのがこれまでと違うところだ。

公募発行にしたのは、資金調達の多様化を図るというのが狙い。これにより長期借入金を返済して有利子負債を圧縮し、金利負担の軽減も図ろうという狙いがある。

次ページ資金は潤沢なのになぜ社債発行?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT