宮崎カジノ構想浮上のセガサミーが公募社債

地元のカジノ誘致研究会にもオブザーバー参加

もっとも、自民党の参議院選挙圧勝を受けて、仮にカジノ基本法が成立したとしても、具体的な規約などが固まるには時間の掛かる可能性があり、「シーガイアへのカジノ誘致がすぐ決まるかどうかは、現状では未定」(同)の状況だ。

韓国カジノは具体化、将来はM&A案件浮上も

一方、韓国・仁川でのカジノリゾート建設は、韓国のParadise Groupとの合弁会社による事業であり、セガサミーの出資比率45%。その投資額は1400億ウォン(約123億円)を予定。

また、同・釜山での大型複合リゾート施設開発については、セガサミー100%出資の現地子会社が開発に当たり、投資額は土地取得額が1136億ウォン(約99.8億円)、建物などが約2722億ウォン(約238億円)で、総投資額は約3858億ウォン(約399億円)にも上る。

セガサミーの本業においても、主力のパチンコ、パチスロで高水準の研究開発費が続く可能性が高く、今後の資金需要は増大する公算が大きい。今後、シーガイアのカジノ誘致構想が具体化したり、あるいは、新たにM&Aなどの案件が出てきたりすれば、さらに資金需要は大きくなる。

経営での機動力確保や、状況に対応した機敏な行動を取るためにも、資金調達の多様化、豊富な手元流動性の堅持は必要。というのが、セガサミーが今回行った公募社債発行の背景にありそうだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT