セガサミーがオンラインゲーム強化へM&A

スマホ、ソーシャルでも反転攻勢

パチンコ・パチスロ大手で、ゲームソフト販売でも大手のセガサミーホールディングスが、これまで出遅れてきたオンラインゲームで“反転攻勢”に出る。

セガサミーは、子会社のセガが欧米でのゲーム開発力を強化するため、カナダの世界的なPCゲーム開発メーカーであるTHQ Canadaの全株式、およびその親会社であるTHQが保有する一部知的財産などを1月24日付で取得した、と発表した。

ミリオンセラーの有力タイトルを複数保有

 

画像は2点とも「Company of Heroes」の1シーン
© 2009 THQ Inc. Developed by Relic Entertainment. THQ, Relic Entertainment, Company of Heroes: Tales of Valor and their respective logos are trademarks and/or registered trademarks of THQ Inc. All rights reserved. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

THQ Canadaは、「Relic Entertainmentスタジオ」の名称で、「Warhammer 40k Dawn of War」シリーズ、「Company of Heroes」シリーズなどの有力タイトルを開発したメーカーとして知られる。

「Warhammer」は欧米市場で多くのファンを持つ対人型のSFウォーゲームをデジタル化したシリーズであり、合計700万本以上が全世界で販売されている。「Company of Heroes」は第2次世界大戦以降の近代戦史をモチーフにし、その戦略性の高さから全世界で400万本以上販売されたシリーズ。THQ Canadaはこれらを含め、ミリオンセラーを記録した複数の有力タイトルを保有している。

今回、THQ Canadaの全株式とその親会社であるTHQの保有する一部知的財産を取得できたのは、THQが経営破綻し、再建を目指して資産売却を進め、それを落札できたため。両者の合計で、今回の取得額は2660万米ドル(1ドル=90円換算で約24億円)となる。

次ページ反転攻勢のカギはオンラインゲーム
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT