震災6年、福島原発の廃炉作業は「登山口」だ

燃料デブリ取り出しへの遠い道のり

原子炉圧力容器真下の作業床(代表撮影)

放射線量は、格納容器外側で毎時5マイクロシーベルト、格納容器内部のペデスタルと呼ばれる圧力容器を支える台座の外側で毎時20~40マイクロシーベルト。炉心溶融事故を起こさなかった5号機では、このように人間が立ち入ることができる線量レベルだが、2号機の格納容器内では、今回のロボット調査により、まるでケタの違う毎時約210シーベルト(1シーベルト=1000ミリシーベルト、1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)という極めて高い放射線量が計測された。そこに数分いただけで命を落とすレベルだ。放射線量の高さが、廃炉作業の行く手を阻んでいる。

2号機では2月16日に「サソリ型ロボット」の愛称を持つ自走式ロボットが格納容器内部に向けて投入されたが、CRD交換用レール上の堆積物に乗り上げてしまい、目標としていた原子炉圧力容器真下の作業床に到達することはできなかった。

燃料デブリは突き止められず

2月23日の記者会見で東電の増田氏は、廃炉の核心部分である燃料デブリ取り出しに向けての調査が難航している事実を認めた。同氏は2017年度に予定されている燃料デブリ取り出しの方針決定について、「今のままではざっくりとした方針しか決められないと思っている」と言及。方針決定の前に、追加調査を実施する考えを明らかにした。

内田俊志・福島第一原発所長(代表撮影)

「もう少し2号機内部の情報が欲しい。原子炉圧力容器の下部がどのようになっており、燃料デブリの落下や(圧力容器を支える台座の)外にはみ出しているかがわかればはるかに緻密な取り出し方針を決めることができる」(増田氏)

現地取材時に記者会見に応じた福島第一原発の内田俊志所長は、「われわれは未知のことに挑戦している。いつも想定外の連続だ。課題を克服しつつ一歩一歩進むしかない」と廃炉作業の難しさを語った。

廃炉作業の現段階について、「どういう装備が必要かがわかってようやく登山口に来たところだ」という増田氏の言葉は、廃炉の核心部分の入り口にたどり着いたという手応えとともに、前途の困難さを物語っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT