マルハニチロ子会社も関与−−国産ウナギ偽装と水産業界の「闇」

大掛かりな国産ウナギ偽装は、ついに刑事事件に発展した。

問題発覚は農林水産省の調査がきっかけだった。「国産品に偽装された中国産ウナギ蒲焼きが安売りされている」--。「食品表示110番」への告発を基に調査を進めたところ、製造者として「一色フード」なる有限会社が浮上。ところが、所在地の愛知県岡崎市内にあったのは山林だけで、架空会社とわかった。さらにその線上に偽装計画の中心企業2社が浮かび上がった。

農水省が6月25日にJAS法違反で公表した不正の概要はこうだ。約800トンの中国産蒲焼き在庫を抱えていた卸業者・魚秀(実質本社・徳島県)は3~4月にかけ、マルハニチロホールディングス子会社の神港魚類(神戸市)に対して、そのうち256トンを国産品に偽装して販売。この際、商品の素性を隠蔽するため、東京・築地の零細業者2社を介在させた。神港魚類は6月中旬までにそのうち49トンを外部へ販売し、15トンは魚秀に売り戻していた。

巧妙な手口はさしずめ“ウナギロンダリング”。さらに“偽装コネクション”ともいえる裏人脈も蠢(うごめ)いていた。高知県の業者役員が口利き役となり、香川県の水産会社役員(6月15日辞任)が箱詰めなど実行行為を準備したのだ。魚秀社長から神港魚類課長には1000万円の裏金も渡っていた。不正競争防止法違反容疑で強制捜査に入った兵庫・徳島県警は、裏金の趣旨などについて慎重に調べを進めるものとみられる。

 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT