ロシアのチュルキン国連大使、執務中に急死

心臓発作?65歳誕生日の前日に

 2月20日、ロシアのチュルキン国連大使(64、写真)が、ニューヨークで執務中に体調を崩し、急死した。2015年3月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[モスクワ 20日 ロイター] - ロシアのチュルキン国連大使(64)が20日、ニューヨークで執務中に体調を崩し、急死した。ロシア外務省が発表した。詳細は明らかにしていない。

チュルキン氏は翌日に65歳の誕生日を控えていた。

米政府当局者によると、同氏は心臓発作で死亡したもよう。

米紙ニューヨーク・ポストは匿名筋の話として、チュルキン氏は心疾患に見舞われた後、ロシア国連代表部(訂正)からマンハッタンの病院に救急搬送されたと伝えた。

ロシアの通信社は、プーチン大統領はチュルキン大使の職業意識と外交手腕を高く評価しており、大使の急死に大変驚いているとする大統領府の発表を伝えた。

チュルキン大使は、シリアの反政府勢力の掃討に向けたアレッポ空爆などのロシアの政策を力強く擁護してきた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。