ロシアのチュルキン国連大使、執務中に急死

心臓発作?65歳誕生日の前日に

 2月20日、ロシアのチュルキン国連大使(64、写真)が、ニューヨークで執務中に体調を崩し、急死した。2015年3月撮影(2017年 ロイター/Eduardo Munoz)

[モスクワ 20日 ロイター] - ロシアのチュルキン国連大使(64)が20日、ニューヨークで執務中に体調を崩し、急死した。ロシア外務省が発表した。詳細は明らかにしていない。

チュルキン氏は翌日に65歳の誕生日を控えていた。

米政府当局者によると、同氏は心臓発作で死亡したもよう。

米紙ニューヨーク・ポストは匿名筋の話として、チュルキン氏は心疾患に見舞われた後、ロシア国連代表部(訂正)からマンハッタンの病院に救急搬送されたと伝えた。

ロシアの通信社は、プーチン大統領はチュルキン大使の職業意識と外交手腕を高く評価しており、大使の急死に大変驚いているとする大統領府の発表を伝えた。

チュルキン大使は、シリアの反政府勢力の掃討に向けたアレッポ空爆などのロシアの政策を力強く擁護してきた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT