イラク軍、モスル西部の奪還作戦開始

複数のIS戦闘員を殺害

 2月19日、イラク軍は米国の支援を受け、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配するモスル西部の奪還作戦を開始した。写真はモスル南部で撮影(2017年 ロイター/Zohra Bensemra)

[バグダッド/アルビル(イラク) 19日 ロイター] - イラク軍は19日、米国の支援を受け、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配するモスル西部の奪還作戦を開始した。アバディ首相が明らかにした。イラクでのIS拠点の一掃を目指す。

アバディ首相は、作戦中は「人権を尊重」し、避難を余儀なくされた人々を保護するよう部隊に命じた。

政府軍は先月、モスル東部を制圧。モスル西部には、住民65万人が残っていると推定されるが、リズ・グランデ国連人道調整官(イラク担当)は、市場が閉鎖され、食料や燃料不足が発生していると指摘。最大で40万人が避難民となる可能性があるという。

軍などの共同声明によると、連邦警察の部隊がモスル空港奪還を目指す作戦を主導。19日には空港から5キロ南の集落まで到達し、その際に配電所を制圧。複数のIS戦闘員を殺害したという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT