イラク軍、モスル西部の奪還作戦開始

複数のIS戦闘員を殺害

 2月19日、イラク軍は米国の支援を受け、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配するモスル西部の奪還作戦を開始した。写真はモスル南部で撮影(2017年 ロイター/Zohra Bensemra)

[バグダッド/アルビル(イラク) 19日 ロイター] - イラク軍は19日、米国の支援を受け、過激派組織「イスラム国」(IS)が支配するモスル西部の奪還作戦を開始した。アバディ首相が明らかにした。イラクでのIS拠点の一掃を目指す。

アバディ首相は、作戦中は「人権を尊重」し、避難を余儀なくされた人々を保護するよう部隊に命じた。

政府軍は先月、モスル東部を制圧。モスル西部には、住民65万人が残っていると推定されるが、リズ・グランデ国連人道調整官(イラク担当)は、市場が閉鎖され、食料や燃料不足が発生していると指摘。最大で40万人が避難民となる可能性があるという。

軍などの共同声明によると、連邦警察の部隊がモスル空港奪還を目指す作戦を主導。19日には空港から5キロ南の集落まで到達し、その際に配電所を制圧。複数のIS戦闘員を殺害したという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT