金正男暗殺、「ミャンマー出身の女」を拘束

北朝鮮の女工作員2人が関与か?

 2月15日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡した事件に関連し、マレーシア当局がミャンマー出身の女の身柄を拘束したことが明らかになった。国営ベルナマ通信が伝えた。写真はソウル市内の駅で14日撮影。提供写真(2017年 ロイター/Lim Se-young/News1)

[クアラルンプール 15日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡した事件に関連して、マレーシア警察はベトナムの渡航文書を持った女性を拘束、このほか数人の外国人容疑者を捜索していることを明らかにした。

警察の声明によると、監視カメラに映っていた女性を発見、1人でいるところを拘束した。所持していた文書ではナムディン出身の1998年5月生まれのベトナム人となっている。

捜索している外国人の国籍や性別は明らかにされていない。

国営ベルナマ通信はこれに先立ち、ミャンマー出身の女を拘束したと伝えていた。

韓国の議員によれば、同国の情報当局は正男氏が北朝鮮の女性工作員2人によって暗殺されたとみている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。