相模鉄道が朝の列車を「あえて」減らしたワケ

本数や車両数削減で何が変わる?

2000年度の段階では、相模鉄道は前述の区間で朝のラッシュ1時間あたり4万880人分の輸送力を備えていた。朝7時30分から朝8時30分までの1時間に30本の列車が設定され、うち26本は10両編成、残る4本が8両編成という内容である。残された輸送力増強策は全列車を10両編成で運転することくらいで、あとは新たな線路を増設しない限り、これ以上の輸送力増強は難しいと言ってよい。

2001、2002の両年度も相模鉄道はこの輸送力を保ついっぽう、通過人員が減少したおかげで2002年度の混雑率は137%にまで低下した。利用者にとってはありがたいことだが、相模鉄道は翌2003年度に輸送力を3万920人分へと引き下げてしまう。内訳は、1時間あたりの列車本数が30本から29本へと1本減り、うち23本が10両編成、残る6本が8両編成という内容だ。この結果、混雑率は140%へと上昇してしまった。

通過人員減少に合わせて輸送量引き下げ

翌2004年度は通過人員が減ったこともあり、混雑率は129%と「満員電車ゼロ」にまた一歩近づく。ところが、相模鉄道は2005年度に再び輸送力の引き下げを図った。1時間あたりの列車本数は29本から28本へとさらに1本減り、うち23本が10両編成、残る5本が8両編成となった結果、輸送力は3万7800人分となった。混雑率は142%へと急上昇してしまう。

相模鉄道は、なんと翌2006年度にも輸送力を3万6960人へと引き下げた。1時間あたりの列車本数は28本と同じながら、10両編成の本数は23本から20本へと減り、代わりに8両編成の本数は5本から8本となっている。この結果、1時間あたりの車両数は2005年度の270両(10両×23編成+8両×5編成)に対し、2006年度は264両と6両少なくなった。このため、混雑率はさらに上がって144%を記録した。

次ページついに1時間あたり27本まで減少
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。