新商品投入だが…資生堂の期待と不安

新商品投入だが…資生堂の期待と不安

資生堂が巨額の宣伝費を投じて展開するプレミアムシャンプー「TSUBAKI」。ラインナップを拡充し一気にユーザーへの浸透を図るが、一部店頭では値崩れが始まっている。(『週刊東洋経済』10月13日号より)

 資生堂の大胆な仕掛けは、吉と出るか凶と出るか。
 
 同社は9月18日、東京・渋谷区の表参道ヒルズで、シャンプー新商品「TSUBAKI ゴールデンリペア」(白ツバキ)の発表会を開催した。50億円もの広告宣伝費を投じ昨年3月に発売した「TSUBAKI」(赤ツバキ)の第2弾だ。

 トップ女優をズラリとそろえ世間の耳目を集めた前回同様、今回もド派手な宣伝戦略を打ち出した。CMに蒼井優ら6人の女優を起用。発表会にはほかにも、赤ツバキのCMに登場した歴代モデル14人を集め、新商品発売を華やかに演出した。

小売店で価格下落が加速 赤字覚悟の投げ売りも

 白ツバキの価格は550ミリリットル入りの「ポンプサイズ」で900円台。このサイズで800円以上の価格帯を設定した、いわゆる「プレミアムシャンプー」市場は昨年以降、新商品ラッシュだ。

 P&Gは白ツバキ発売直前の9月1日、新ブランド「h&s」を投入した。別名で海外展開されているこの商品は、同社で世界2位の売り上げを誇る大型ブランドだ。日本投入に際し、80億円ともうわさされる宣伝費をかけ、200万個の試供品を小売店の販売員などに配布した。

 ユニリーバも今年8月に「ダヴ プロエイジ」を発売、9月には看板ブランド「ラックス スーパーリッチシャイン」を全面刷新した。2003年に「アジエンス」で市場に先鞭をつけた花王も今年4月、40代をターゲットにした「セグレタ」を発売。1000円前後の高価格にもかかわらず、販売は好調だという。

 メーカーの新商品攻勢で、成熟市場のシャンプー市場が再び活性化していることは確かだ。経済産業省の統計によると、06年のシャンプー・リンス・トリートメントの販売総額は前年比5%増と伸長している。背景には、ユーザーの購買行動の変化もある。かつては家族全員で一つの商品を使うのが主流だった。が、今は自分専用に購入する家庭が増加。ファミリー向けより200~300円高いシャンプーを買うことに抵抗を感じなくなってきたようだ。

 この状況下、赤ツバキは発売初年度に、目標を大きく上回る180億円の売り上げを記録。「これだけ売っているのだから、利益は当然出ますよね」(広報部)。巨額の宣伝費を増収効果でカバーしたようだ。大胆なプロモーション戦略は、ひとまず成功したと見てよいだろう。

 資生堂はこの好機を逃さず新商品を投入し、赤と白のボトルで商品棚を占拠するもくろみだ。だが、ここに来て、想定外の動きが出てきた。小売りの店頭で、赤ツバキの値下げが加速しているのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT