5年後、メディアは稼げるか?

田端信太郎氏と考えるウェブメディアの未来(上)

今の社員を食わせるという発想ではしょうがない

――出版社側の発想では、300人社員がいるとすると、「その人たちを食わせないといけない」というところから始まります。しかし、紙に匹敵するレベルの人数を雇用し続けるのは、ネットの時代には難しいですよね。

現実的には、経営者の方々の悩みはよくわかるんですが、ゼロベースで読者目線や広告主目線で考えたときに、そんな人数はいらないし、今の人数を正当化できる理由もないですよね。

古来から、テクノロジーの進化というのはそういうものです。たとえば、かつては電話を取り次ぐ交換手がいたけれども、テクノロジーの進化によっていらなくなった。それをじたばた騒いでもしょうがない。今の社員を食わせることありきの発想は、しょうがない発想だという気がします。基本的には、一歩突き放して、個人が自分で考えるしかない。

今の時代は、エスタブリッシュメントの人たちには厳しいですが、ゼロベースで挑戦する人にはむちゃくちゃ面白い。かつては、5人、10人で面白いメディアをやろうと思っても、いろいろなボトルネックがあった。用紙を調達し、印刷して流通させるのがまず大変だったし、広告を売るとなると営業拠点を全国に設けなければならなかった。

でも今だったら、本当にいけているコンテンツやアプリをアップルストアやグーグルプレイなどのクラウドのプラットフォームに上げれば、いきなり大ヒットするというシンデレラストーリーも理論上はありうるじゃないですか。結局、LINEもそうですけど、スケールさせていくときにほぼ無限のレバレッジが効きますから。

次ページ相性とカルチャーの問題は本当に大きい
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。