刑務所を慰問する落語家が使う「意外なネタ」

「笑点」でも活躍した七代目桂才賀さんの流儀

それからは地方公演のついでに少年院を慰問。少年たちを惹きつけたのは「自分の話」だった。才賀は高校卒業後、桂文治師匠に入門を申し込む。すると、「ならば自衛隊に3年入ってこい」と言われ、実際に海上自衛隊に入り3年の任期を務め再度、師匠の門を叩いた。「あんた誰?」ととぼけられたが、晴れて入門。

「自衛隊での話をすると、やつらはキラキラと目を輝かせるんだ。師匠とのやりとりなんか大爆笑だった」

刑務所で爆笑が起きるひと言

少年院の慰問を続けるうちに、今度は刑務所も訪れるようになった。実は、刑務所で受刑者に確実にウケる「つかみ」がある。舞台が始まる前、教育課長から紹介を受ける。すると彼は一礼して教育課長に近寄り「マイクを貸していただけますか」と言う。マイクを受け取り、「すいませんね。願箋(がんせん)も出さずに」とひと言。これだけで、ドッカーンと笑いが起こる。

願箋とは受刑者が申し出をするときに提出する用紙。刑務所内では何をするにもこれが必要で、受刑者の誰もが面倒に思っている手続きなのだ。

「刑務所を知らないはずの落語家がそんな用語を口にすればおかしいわけです。これでもうこっちのもの。いちばんの醍醐味は、ニラミをきかせた連中がそのうち涙を流しながら大笑いするところを見ることです」

刑務所で客席が盛り上がる落語の鉄板ネタは、新作の『カラオケ刑務所』。

「これは受刑者たちが犯した罪を言ってからカラオケを歌うという噺。アタシにぴったりのネタでしょ(笑)」

宝は、少年たちや受刑者から送ってもらった感想文だ。段ボール70箱分にもなる。

「素直な言葉が綴(つづ)られています。あれを読んだら『芸激』はやめられませんね」

<プロフィール>
七代目 桂才賀◎1985年に真打に昇進。'80年から'88年まで、『笑点』の大喜利メンバーを務める。以降、刑務所や少年院への慰問活動を本格化し、現在まで1117回にのぼる。'08年、25年にわたる慰問活動を綴った『刑務所通いはやめられねぇ』(亜紀書房)を出版
 
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT