30代から成長したい人が持つべき「3つの鏡」

僕が「貞観政要」を座右の書にする理由

「政要」とは、政治の要諦のことです。つまり、『貞観政要』は、貞観時代の政治のポイントをまとめた書物であり、その中には、貞観というまれにみる平和な時代を築いたリーダーと、そのフォロワーたちの姿勢が明快に示されているのです。このような書物なので、クビライや乾隆帝(けんりゅうてい)など後の中国の皇帝が帝王学を学ぶために愛読し、わが国でも北条政子や明治天皇が学んだといわれています。

名君と呼ばれる人にはどのような条件が?

ライフネット生命の出口治明氏

太宗は約24年間、帝位に就いていましたが、唐朝(西暦618~907年)の基礎は、太宗と次世代の武則天(ぶそくてん)によって確立されたといわれています。

太宗がリーダーとして傑出している理由は、大きく2つあると僕は考えています。

①「権限の感覚」を持っていたこと

臣下にいったん権限を与えたら、その権限は臣下のものです。皇帝といえども口出しすることはできません。それが、仕事を任せるときのルールです。いやなら、その部下を更迭すればいい。それをせずに口出しすれば、「組織」が「個人商店」になってしまいます。

皇帝は絶対的な権力を持っています。ですが、「ここからここまでは、自分で決めていい」と権限を与えて部下に仕事を任せたのなら、たとえ皇帝であっても、部下の決定に従わなければなりません。

皇帝が自分勝手に権力を行使すれば、人民や臣下を疲弊させ、やがて裸の王様になってしまう。太宗には、そのことがよくわかっていました。

高い地位に就いた人間が、裸の王様になれば、君主の一言一句に組織が振り回されるようになり、同質化します。そして同質化した組織は、やがて時代の変化から取り残されてしまいます。

②臣下の「諫言(かんげん)」を得たこと

太宗は、諫言する部下を積極的に登用していました。諫言とは、上司の過失を遠慮なく指摘して忠告することです。

『貞観政要』に登場する太宗の側近は、魏徴(ぎちょう)をはじめとして、太宗を数えきれないほど諫(いさ)めています。後述しますが、太宗は、自分を殺そうとした人物さえ、その能力を認め、側近として任用しています。臣下の忌憚(きたん)のない諫言を聞き入れることで、裸の王様にならないように努めたのです。

太宗は、臣下の諫言を積極的に受け入れ、彼らの批判に耐えることで、自らを鍛え上げていきました。

次ページリーダーは3つの鏡を持たなければいけない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT