フェイスブックが「自殺防止」に心血注ぐ背景

ネットいじめ対策に潜む大きな「勘違い」

昨今のいじめ対策の在り方については誤解も多い(写真:bee/PIXTA)

個々人がスマートフォンを持ち、ネットを通じて24時間“つながる状態”になったことで、帰宅後や深夜になってもいじめが続くという新たな傾向も生まれている。また、文字情報だけでなく、写真や動画の共有・拡散が簡単に行えるSNSならではの機能も、いじめをしている側に悪意をもって利用される場合はあるだろう。

とはいえ、昨今のいじめ対策の在り方については誤解も多いようだ。NPO法人ストップいじめ!ナビの須永祐慈事務局長はこう訴える。「ネットいじめというくくりで問題の深刻化を指摘する向きもあるが、その中のほとんどは“ネットでも”といういじめ。リアルのいじめと密接にかかわっている以上、(アプリの利用制限など)ネット側だけで対策しても、根本的な解決にはならない」。

ユーザーの命と心を守れるか

支援が必要なユーザーに、どうリーチするのか。山口部長も日々模索しているようだ(写真:記者撮影)

それを踏まえれば、フェイスブックが今回、ネットいじめにとどまらない対策集を作成したことも頷ける。一方で、ユーザーの「SNS離れ」を加速させるようなネット上のコミュニケーショントラブルを少しでも潰していきたいという、企業としての狙いもあるだろう。

自殺防止、いじめ防止のどちらについても、フェイスブックがこういったツールを提供していることの認知度はまだまだ低い。現在は自殺・いじめ対策に携わる団体との連携を深め、これらのツールの利用促進を図っているが、「本当に支援が必要な人にどうリーチするかは課題」(山口部長)。ユーザーの命と心を守るために、世界のコミュニケーションインフラとしての真価を発揮できるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT