「文春砲」LINEニュース版、1配信240円の勝算

本誌価格400円の約半値

あの「文春砲」がLINEで配信される(撮影:梅谷秀司)

このビジネスモデルは、日本のパブリッシャーの苦境を救う手立てとなるだろうか?

『週刊文春』の有料記事をLINEで配信

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

LINE株式会社は2017年1月6日、同社のコンテンツ流通プラットフォーム「LINEアカウントメディアプラットフォーム」にて、『週刊文春』の有料記事を10日より配信すると発表した。この有料記事は「文春砲」と恐れられる、同誌ならではスクープ記事となる(編集部注:第一弾は講談社社員の妻殺しだった)。

毎週定期的に配信されることになる、このLINE NEWSの有料記事。雑誌発売前日(通常は水曜日)16時に「スクープ予告」がLINEで通知され、読みたいスクープを事前に予約購入する形になる。予約購入すると「スクープ全文」が雑誌発売当日の朝7時に届くという。

『週刊文春』のLINEアカウント( @oa-shukanbunshun )を友だち登録すれば、来週10日に届くのは、この「スクープ予告」。翌朝に届く「スクープ全文」は、いわゆる「文春砲」のスクープ記事を含む、最新号の記事20本前後になるようだ。

記事の購入価格は、通常100LINEコイン(記事掲載時は240円)。第1回の記事配信は、特別に1コイン(約2円)での購入が可能になる。加えて、本日より2月3日まで無料配布される「週刊文春×ゲスくま」スタンプ(TOP画像のキャラクター)も用意され、同誌アカウントの友だち登録を促している。

次ページ読み放題だと月額864円
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT