年末を彩った広告キャンペーンの失敗作たち

悪臭の香水、トナカイの宅配...

動物愛護団体であるピータのキャンペーン。スーパーに陳列される七面鳥への同情心をかき立てることが狙いだったようだが…

年末に財布の紐を緩める消費者は多い。

そんな消費者を狙おうと焦って、ちゃんと練られないまま、いささか残念なPRキャンペーンが世に出てしまうのもこの時期の楽しみだ。2016年もどうやら例外ではなかったようだ。

以下にそんなPRキャンペーンをまとめてみた。

ドミノ・ピザのトナカイ配達

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

ドミノ・ピザは、PRキャンペーンに関しては、経験もクリエイティビティもあるブランドのひとつ。ニュージーランドではドローンでピザ配達をし、オーストラリアではDRUと名付けられた自動走行のロボットで配達を行っている。

そんな同社が先月発表したのが、日本の顧客向けにトナカイの背中にピザを載せて配達をするというキャンペーン。しかし北海道での試験運用の後、ドミノはこれを廃案としたようだ。トナカイでの宅配はコントロールが難しく、ピザが完全に冷めてしまうということが分かったからだ。その後、スクーターをトナカイ風に飾り付けて宅配している。失敗したときの様子を収めた映像が、公式で残してあるところが素晴らしい。

ドミノ・ピザ|難航するトナカイトレーニング
次ページファブリーズのクリスマスの悪臭
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。