低価格国産ダウン「ナンガ」が売れまくる理由

3分の1の価格で「水沢ダウン」と真っ向勝負

左からナンガのオーロラダウンジャケット、水沢ダウン、西川ダウン。今年もダウン業界は熱い火花を散らす(記者撮影)

2015年秋冬、ダウンジャケット業界の話題を集めたのは、スポーツアパレル大手・デサントが手掛ける「水沢ダウン」のヒットだった。価格は8万円台からと高価だが、防水、保温性に優れ、羽毛が抜け落ちることもない「最強のダウン」はセレクトショップで前年比3倍の取扱いとなり、売れに売れた。2016年もハーフコート丈のモデルやフードなしのモデルを発売し、さらなるユーザー層拡大を狙っている。

しかし、今年はそのダウン戦線に異変が起きている。あるセレクトショップの店員は語る。「水沢ダウン目当てで来店した客が、『高品質で値段も安い』と、別のダウンを3枚まとめて買っていくこともありました」。

そのメーカーこそ、滋賀県に本社・工場を構えるNANGA(ナンガ)だ。従業員数わずか50人の会社だが「アーバンリサーチ」を始め、約50のセレクトショップと取引している。

「ナンガ」ってどんなメーカー?

1番人気は「オーロラダウンジャケット」。表地に防水・透湿(水蒸気を逃がす)性の高いコーティングを施した軽量ナイロンを使用するなど、アウトドアシーンを想定したコンパクトな作りだ。生産は自社工場を中心にすべて国内で行っているが、3万4000円と手の届きやすい価格帯だ。

「タキビダウンジャケット」は火に触れても穴が空かない仕様だ(記者撮影)

さらに、今年新たに打ち出した目玉商品が「タキビダウンジャケット」。難燃性の素材を使用しており、価格も4万5000円と5万円以下に抑えた。火に触れても穴があかないダウンとして評判は上々だ。これらのダウンは30~40代の男性を中心にヒット。会社の予想を上回る売れ行きで、来年用の在庫まで販売している状況だという。

ようやく人気に火が付き始めたナンガのダウン。だが、知名度はさほど高くはない。一体どんなメーカーなのだろうか。

次ページ実は寝袋メーカ-
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT