ディズニー客を狙う「ホテル大量開業」の全貌

新浦安、舞浜地区で計画が続々、ラブホも転換

「変なホテル2号舞浜 東京ベイ」は2017年3月の開業予定。ロボットホテルになる見通しだ(提供:HIS)

開発ラッシュを迎えているのは新浦安地区だけではない。TDRに最も近い舞浜駅周辺でも同じ状況だ。大手旅行会社HISは2017年3月15日には「変なホテル2号舞浜 東京ベイ」を開業する予定。ハウステンボス(長崎県佐世保市)の「変なホテル」で培ったロボットホテルのノウハウをつぎ込んだ、宿泊特化型ホテルとなる見通しだ。

TDRに最も近く、舞浜駅の高架下にある「ホテルドリームゲート舞浜」(JR東日本の子会社が運営)は別館を建設中だ。

熱狂はいつまで続くのか?

TDRに最も近いといわれたラブホ。市川市保健所によれば最近、旅館業法の認可を受けたホテルに転換したという

さらに、舞浜駅から徒歩20分ほどの距離にあったラブホテルが旅館業法の許可を受け、ホテルに転換。今年7月にリニューアルオープンしたことは周辺のホテル関係者を驚かせた。

動向が注目されるのが「東京ベイNKホール」の跡地。2013年12月にオリエンタルランドが約93億円での取得を発表、現在は更地になっているが、立地としてはホテルが最適のため、関係者は強力なライバルが出現するのではないかと気を揉んでいる。

こうした開業ラッシュを受けて、東洋経済の推計では、TDR周辺の客室数は2015年の約0.88万室から、2018年には約1.1万室近くに膨らむ見込みだ。

だが、課題もある。宿泊客のほとんどはTDR目当て。「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」「ホテルオークラ東京ベイ」などの舞浜エリアは1990年代前後に計画され、婚礼のできる豪華な宴会場や高級レストランを持つリゾートホテルの造りだ。

宿泊客の多くは、「朝8時開園に合わせてホテルを出て、帰ってくるのも夜の10時過ぎ」(あるホテル首脳)。レストランや宴会など飲食部門の稼働率が弱い。そこでシェラトンはペットの犬と泊まれるANNEX棟を増設し、この12月に開業。オークラも客室の改装に着手するなど、競争力の強化に乗り出している。

後発の新浦安や舞浜駅周辺で新設・改装中のホテルは、大型の宴会場や高級レストランを極力縮小。宿泊特化型ホテルで効率化する。だが、TDRまでは専用の送迎バスでも15~20分近くかかる。

TDRは今年も順調な入園者数を維持しているが、栄華がいつまでも続く保証はない。ディズニー周辺ホテルはTDRと一蓮托生だ。“夢の国”の周辺で、熱狂はいつまで続くのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT