ディズニー客を狙う「ホテル大量開業」の全貌

新浦安、舞浜地区で計画が続々、ラブホも転換

もともとは2005年に開業した「パーム&ファウンテンテラスホテル」だったが、開業後わずか10年ほどで全面改装に踏み切った。ミリアルリゾートは、TDRが間近な舞浜エリアで「東京ディズニーランドホテル」「ディズニーアンバサダー ホテル」「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」という、3つのホテルを運営している。

4番目のディズニーホテルはやや安め

2016年6月にリニューアルオープンした「セレブレーションホテルウィッシュ」。ディズニーホテルながら、ほかの3ホテルより価格を抑えた(2016年6月、風間仁一郎撮影)

これらの3つのホテルは、最もランクの高い“ディズニーホテル”の位置づけにある。どこも客室単価は、1室で1泊5万~6万円と高額なのに、年間稼働率が90%台の盛況ぶり。

その中で相対的に価格が安いディズニーホテルを開業することで、「顧客の選択肢をもっと増やす」と久保哲也・セールス&マーケティング部長は狙いを説明する。

リニューアルしたセレブレーションホテルがあるのは、TDRまでバスで15分と離れた場所。改装に約40億円かけ、4つ目のディズニーホテルへと格上げされたが、内装はやや簡素でレストランは朝食だけを提供する宿泊特化型だ。客室単価は約3万円とファミリーにも利用しやすい。

12月23日にプレオープンした「ラ・ジェント・ホテル東京ベイ」。客室291室で、平均単価2万円台を見込む(写真:大和ハウス工業)

その近くでは東急ホテルズが運営を予定する「東京ベイ東急ホテル」が2018年の開業に向けて建設中。大和ハウス工業が所有する「ラ・ジェント・ホテル東京ベイ」は12月23日に開業を迎えた。

さらに近隣では「三井ガーデンホテル プラナ東京ベイ」が2015年に客室を全面改装、「ホテル エミオン 東京ベイ」も新館を増設中だ。計画の詳細は不明だが「新浦安ホテル計画」も存在する。

新浦安エリアでホテル建設ラッシュを迎えているのはTDRの好調が背景にある。TDRの入園者数は1983年の開園当初は1000万人台だったのが、2014年以降は3000万人を突破。オリエンタルランドは今後も年500億円程度の設備投資を継続する計画で、映画『美女と野獣』『ベイマックス』をイメージしたアトラクションを増設するなど、話題作りに余念がない。

大手ホテルコンサルティング会社ホーワスHTLの高林浩司氏によれば、過去の実績から見ると、入園者のうち周辺のホテルに宿泊する人の割合は約23%だという。年間入園者が約3000万人として、約690万人が泊まっている計算になる。近年、TDR周辺のホテルでは、連日満室の日が珍しくない。「このエリアは“鉄板”マーケット。泊まりたくても泊まれない超過需要が発生している」と周辺のホテル関係者は言う。

次ページラブホもホテルに転換
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。