佐藤優も唸る!池上彰のスゴい新聞の読み方

「毎日11紙を1時間20分」どう読んでいる?

池上:ビジネスパーソンは、なにも11紙も読む必要はありません。私がこんなにたくさん新聞を読んでいるのは、仕事に直結するからです。

2紙目は「どの新聞を」「どう」読めばいい?

【おすすめの方法1】ビジネスパーソンは、まず2紙を読む

池上:ビジネスパーソンには、まず「1紙にしっかり目を通す習慣」をつけ、そのうえでもう1紙読み、「複合的に世の中を見る目」を養ってほしいですね。

2紙併読することで、それぞれの新聞で足りない部分を補い合って理解が深まります(撮影:風間仁一郎)

佐藤:もし現在、保守系の論調の『読売新聞』『日本経済新聞』『産経新聞』を読んでいるなら、2紙目はそれとは反対の現政権に厳しい立場をとる、たとえば『朝日新聞』『毎日新聞』『東京新聞』のうちどれかを読むようにするといいですね。

池上:おっしゃるとおりです。「1紙は保守系、もう1紙はリベラル系」というように「論調の異なる新聞を2つ読む」ようにするなど、どちらか一方に偏らないようにしたいですね。

【おすすめの方法2】定期購読は1紙。2紙目は駅売りやコンビニを活用

池上:2紙併読することで、それぞれの新聞で足りない部分を補い合って理解が深まります。また、ひとつのテーマについてもさまざまな伝え方があることもわかります。

佐藤:その際、自宅で定期購読するのは1紙で十分ですよね。もう1紙は駅売りやコンビニを活用するなど、時間と財布が許す範囲で読む程度でもいいと思います。

池上:それがいいですね。私自身も、『東京新聞』『産経新聞』は駅の売店で購入していますから。

【おすすめの方法3】完璧主義の必要はない。1日5分でも継続が大事

池上:あと、新聞を読むコツは、くれぐれも無理をしないことです。完璧主義の人ほど、まじめに新聞に向き合おうとしすぎて新聞をためてしまい、結局、読むのをやめてしまうという、オール・オア・ナッシングの思考に陥りやすいですから。

佐藤:朝と夜に、新聞を開いてざっと目を通す。余裕があれば昼休みにも読んでみる。まずはその程度のざっくりしたスタンスで読みはじめるのがいいと思います。

池上:テレビやネットのニュースしか見ていない人は、まずは1日5分でも継続して新聞に目を通す習慣をつくってほしいですね。同じ時間で「とれる情報の多さ」に驚くはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT