朝時間はあえて「非効率的」に過ごすべきだ

頭の「棚卸し」をするなら、朝こそ最適だ

また、このリストを日々整理しておくと、仕事先の都合で急にぽっかり時間が空いてしまったときや、約束していた友達から待ちぼうけをくってしまったときなどでも、「今はリストの気になっていることを潰すチャンスだ」と前向きにとらえられます。

「罫線のないノート」のメリット

『朝の余白で人生を変える』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

やることがわかっても、実際モヤモヤ整理にとりかかるのはおっくうなものです。そんなおっくうな気分を取り払うために、お気に入りのノートや手帳を用意しましょう。ノートや手帳を開くと自動的にわくわくするような、自分にとって心地のよさを重視したノート選びをおすすめします。私は、今までさまざまなノートを試してみた結果、おすすめのノートには次の3つの特徴があることがわかりました。

1.罫線がない。

2.紙の色は真っ白ではなく、クリーム色

3.紙質は厚手でハリがあり、ペンのインクがにじみにくい

罫線なしのノートをおすすめするのは、思考を制限させないためです。「罫線に沿ってきれいに書かなければならない」と思考にブレーキをかけては自由の妨げになるような気がします。

紙の色はクリーム色のほうが、反射が少なく、長時間ノートを開いていても目が疲れにくいのです。そして、ノートが薄いと、あとで見返すときに不便ですよね。乱暴にめくるとページが飛んでしまって目的の箇所にたどり着くのに時間がかかってしまいます。厚手でハリがある紙質なら、多少は荒っぽく扱っても、ヨレずに早く目当ての箇所に行きつくことができて、ストレスがありません。

この3つの特徴を参考に、ぜひ、あなたのこだわりを持ってお気に入りの1冊を選んで、朝の「余白」を使った思考整理の習慣を始めてみてくださいね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT