「5分間1400万円」の宇宙旅行は実現するのか

HISとANAがそろって出資を決めた理由

スペースシャトルを始めこれまでの宇宙機は、大気への下降時には動力を使い切っており、引力に任せながら滑空して着陸しなければならなかった。そのため制御しづらく、場合によっては不時着する必要があった。

だがPDエアロスペースのエンジンにはジェットエンジンの機能もあるため、一般的な空港から離着陸も可能だという。「日本の主要空港のように2500メートル級の滑走路があればできる」(緒川社長)。

2028年には年間1000人が宇宙へ

2020年までにプロトタイプを完成させ、有人での高度100キロ到達を目指す。その後2023年に量産を始め、当初は2機体制で商業運航を始める。まずは年間50人に乗ってもらうことを目指す。その5年後、2028年には5機体制に移行し、年間1000人の輸送を計画する。宇宙機の開発と商業運航開始には、合計170億円ほどの費用を見込む。

ヴァージン・ギャラクティックが米国に設けた宇宙機専用空港(写真:Virgin Galactic)

気になるのはその旅行代金だ。「宇宙旅行事業で先行する企業が設定する価格帯の7割くらいにしたい」と緒川社長は言う。代表的なのは英国ヴァージン・グループの創業者、リチャード・ブランソン氏が立ち上げたヴァージン・ギャラクティック社だ。総飛行時間や無重力時間はPDエアロスペースと大差ないプランで、価格は25万ドル(約2750万円)だ。

ヴァージンは「スペースポートアメリカ」という宇宙機専用の空港を米国ニューメキシコ州の砂漠地帯に設ける。PDエアロスペースとは違い、滑空で着陸しなければならないため、通常の空港よりも広く場所を取らなければならないからだ。面積は成田空港の約7倍だ。

実際の飛行時期は未定だが、ヴァージンではすでに申し込みを開始しており、これまでに700人以上が支払い済み。3分の1は米国人で、日本からは19人が参加する予定だ。全体の3分の2が企業経営者だというから、やはり高額所得者のぜいたくといったところだろう。

PDエアロスペースは、ヴァージンの7割より安い1400万円で実現する予定という。さらに緒川社長は「将来的には欧州に旅行するくらいの価格にしたい」と意気込む。そのためには年間1000人規模の輸送が必要なのだという。

次ページHIS、ANAと出会ったきっかけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT