Facebookがアドサーバーから撤退したワケ

かなり堅固なGoogleの「独占」

ダブルクリックは市場の4分の3を握っており、独占に近い状況だ(出典:Datanyze

Business Insiderによると、アトラスは今年8月に人員の大半をアドテクから測定に移した。つまり、広告をサーブすることは諦め、その効果を追跡することにリソースを移した。測定方法は異なる複数のデバイスをユーザーと紐付ける「人単位のマーケティング(People-based marketing)」と呼ばれる。

人員は「マーケティング・サイエンス」へ

フェイスブックユーザーは各デバイスでログインするため、アトラスはCookieに依存することなく「人単位のマーケティング」を行える。この方法は膨大なログインユーザーをもつフェイスブックとグーグルに利がある。独立系ベンダーは連合により、このデータ優位性に対抗している。

フェイスブックは「マーケティング・サイエンス」と銘打って、この技術などを活用し、消費者行動を調べ、情報を広告主に提供している。

フェイスブックは今年前半、動画SSPの「ライブレイル」事業を停止。4月にデスクトップ用リターゲティング事業も停止しており、アドテク関連事業を再編してきた。

第3四半期決算ではCFOのデイビッド・ウェフナー氏は「力強い時期が一巡した後は、売上高成長率の減少を予測している」とし、その要因を表示できる広告数が上限に達していると語った。これはフェイスブックのデジタル広告のエコシステムだけを考慮していることを意味し、グーグルが独占するディスプレイ広告に事業展開する意欲がないととれる内容だった。

(Written by 吉田拓史)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
Google、Facebook 2強時代にメディアは連合する:PubMatic
Facebook、SSP事業縮小の裏側でパワープレイ発動か?:ライブレイル騒動の背景
クッキーは死んだ? ピープルベースが生き残るのか?:Facebookがアドテクに抱く野望

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT