Facebookがアドサーバーから撤退したワケ

かなり堅固なGoogleの「独占」

フェイスブックは、アドテク関連事業を再編してきた(写真:chombosan / PIXTA)

苦戦が続いてきたフェイスブックの「アトラス」

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

フェイスブックは11月18日(現地時間)、「アトラス」のアドサーバー事業を停止すると発表した。

フェイスブックは2013年にアトラスを買収。当時、フェイスブックは閉鎖的な自社プラットフォーム内に収益性の高い広告エコシステムを構築しており、その外にあるディスプレイ広告におけるグーグル傘下のダブルクリックの「独占」に迫ろうという目論見だったが、壁は高かったようだ。

パブマティックがeマーケターとモルガンスタンレーのリサーチを独自に分析したところによると、グーグル、フェイスブックはデジタル広告費の46%に当たる890億ドル(約8兆9000億円)を握り、54%に当たる1060億ドル(約10兆6000億円)を残りのパブリッシャーが分け合っている。しかも、2社でデジタル広告費の伸びの85%を占めている。

今回の撤退で、両者が互いの勢力圏に余り干渉しない構造になった(フェイスブックはオーディエンスネットワークを残しているが)。

アトラスは苦戦が続いてきた。リサーチ企業データナイズの分析によると、米国でのダブルクリックのアドサーバー市場シェアは75.5%。アトラスは2.4%に留まる。

次ページ「人単位のマーケティング」を武器に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT