ライザップは「糖質制限を広める会」ではない

RIZAPグループ社長が語る「理想の健康食品」

――ライザップにはそのノウハウがあると?

当社(旧社名・健康コーポレーション)が創業まもない2003年、「豆乳クッキーダイエット」という商品を出して一時年商100億円を超える大ヒット商品となった。このとき本なども参考にして、僕がすべての原料を決めた。

糖質を減らそうとすると、基本的にタンパク質を増やすことになる。そこで、タンパク質も食物繊維も摂取できるおからを配合したが、おからを増やしすぎると硬くなって歯でかめなくなる。カロリー量を減らすためにバターを減らすと、さくっと焼き上がらない。

糖質制限はあくまでも「手段」

自らの経験に裏打ちされた自信をのぞかせた瀬戸社長

おからをどれだけ細かく粉砕するかにもこだわった。細かければ細かいほど自然な食感になって味にも影響してくる。クッキーのレシピはこのように試行錯誤を繰り返しながら考えた。

自分たちで栄養素から考えてきたので、こだわりと自信がある。

今回はファミリーマートがおいしさに、ライザップが低糖質にこだわり、侃々諤々議論をしながら開発を進めた。

――近年の糖質制限ブームにライザップが寄与した役割は大きいのではないでしょうか。

われわれが糖質制限を意図的に広げたというわけではない。ライザップが出している「結果」はどのように生まれているのだろうかと多くの人が興味を持ち、そのことで糖質制限に注目が集まったのではないだろうか。

あまり認識されていないかもしれないが、ライザップでは糖質制限を全面に打ち出してはいない。できるだけ、こぢんまりと言っている。われわれは「糖質制限を広める会」ではなく、あくまでも手段として位置づけている。減量サービス、ヘルスケアサービスで最も効果的に結果を出すためには何がベストなのかをずっと考えているだけ。手段に固執しているわけではない。

次ページ本当に「こぢんまり」?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。