グーグルAMPは「効果てきめん」といえるのか

媒体社からは驚きの声「常軌を逸している」

検索結果で優位な位置に立つには、モバイルページのすばやい表示が必須だ(写真:leungchopan / PIXTA)

パブリッシャーたちは、フェイスブックのインスタント記事への関心をなくしつつあるいま、グーグルのAMP(アンプ:Accelerated Mobile Page)に熱狂しはじめている。

2016年2月、グーグルはモバイルWeb高速化プロジェクトのAMPを提供開始。パブリッシャーたちは、自らのページにグーグルのオープンソースコードの導入を急いだ。というのも、リファラルトラフィック全体の40%近くが依然として、グーグル検索によって生み出されており、オーディエンスがモバイルにシフトするなか、モバイルページの素早い表示が、検索結果で優位な位置に立てることを、パブリッシャーは知っているからだ。

「我々はAMPを気に入っている」と「スリリスト」のエディトリアルディレクター、ベン・ロビンソン氏は語る。「スリリスト」は検索トラフィックの15%をAMPから獲得しており、その検索トラフィックは3分の1以上も上昇している。このトラフィックの内実は、ニュース記事よりも、よりライフスタイルに関する記事に顕著に見て取れるという。ニュース重視の「USAトゥデイネットワーク」では、AMPはすべてのモバイルページビューの12%を生成していると、同社のデジタルシニアバイスプレジデントのマイケル・カンツ氏は述べた。

驚きのトラフィック還元率

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

AMPは、「ザ・バージ」のメディアミックスでも大きな役割を果たすようになっており、同社エディターのニライ・パテル氏は、9月にはトラフィックの14%を占めたと語る。また、その結果を公にすることを望まない、ある大規模パブリッシャーの幹部は、AMPページは95%も高速に読み込まれ、直帰率は通常のモバイル検索流入よりも50%以上低くなっているという。「それはまったく常軌を逸している」と、その幹部は述べた。

SEOコンサルティング会社、ディファインメディアのデジタルメディアバイスプレジデント、シャザド・アッバス氏は、「いまやAMPはパブリッシャーの検索トラフィックの10%から15%を占めている。グーグルがAMPを拡大していくにつれ、そこからの流入増大も確実視されることになり、安定性に欠けるソーシャルトラフィックにパブリッシャーが頼らなくなる可能性がある」と、コメントしている。

次ページ検索は自然と価値を上昇していく
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT