「フリン大統領補佐官」の矛盾に満ちた経歴

トランプ氏の国家安全保障担当補佐官に

トランプとフリンが似ているのは、政治的見解だけではない。トランプがクイーンズ(労働者地区)出身ながら、マンハッタンで大成功したように、フリンは(軍人のエリートコースである)ウエストポイント陸軍士官学校ではなく、ロードアイランド大学の陸軍予備役将校訓練課から、軍情報部のトップまで上り詰めた。

だが、フリンは今も、過去の苦々しい思いを捨てきれずにいる。そして自分が正当な評価を受けていないと考えている。DIA局長を更迭されたのも、イスラム過激派は後退しつつあるというオバマ政権の見解を否定した(その見解は正しかった)のを、上司だったジェームズ・クラッパー国家情報長官と、マイケル・ビッカーズ国防次官(情報担当)に告げ口されたせいだと考えている。

こうしてフリンは、反エスタブリッシュメントを強く表明するようになった。そして米国は、ブッシュ政権とオバマ政権の共和党および民主党のお偉方によって、「間違った理由から、次から次へと混乱に引きずり込まれてきた」と主張した。

戦略的思考ができるか疑問

共和党強硬派(いまや主流派になりつつある)の間で、フリンは、オバマ政権の「背信」に勇敢に立ち向かったカルト的な存在だ。「(フリンは)さまざまな争点について実に深い状況まで分析できる人物だ」と、デビン・ヌネス下院情報委員会委員長は評価する。「アルカイダについても、(オバマ)政権の間違いを指摘した」。

だが、フリンと実際に仕事をした多くの人の評価は違う。彼がDIA局長を更迭されたのも、「イスラム過激派」についての見解の違いではなく、局内の運営に問題があったからだという。フリンはDIAの全面改革を試みたが、局内の混乱を招き、中傷合戦を招いたというのだ。

フリンの戦術的な感覚は優れている(実際アフガンスタンとイラクの武装勢力のネットワークを見事に解明した)が、ホワイトハウスで必要とされる戦略的思考ができるかどうか疑問視する声もある。

「フリンには確かに優れた情報収集能力がある」と、カーネギー国際平和財団(ワシントン)のサラ・チェイズは言う。チェイズは、2009〜2011年にフリンがアフガニスタンで陸軍情報部を統括していたとき一緒に仕事をした経験がある。「だが、一貫した結論を導き出すだけの分析力はなかった。フリンの話を10分聞くと、2〜3個は矛盾点がある」。

(執筆:Matthew Rosenberg記者、Maggie Haberman記者、翻訳:藤原朝子)

© 2016 New York Times News Service
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT