ホンダ、新型「アコード」HV専用で登場

新ハイブリッドシリーズが始動

今回の新型アコードを皮切りに、ホンダは、HVのラインナップを急拡大する計画だ。

ホンダは、ハイブリッドエンジンについて、従来のハイブリッドシステムに代わり新たなシステムを開発、小型車(排気量1.5リットル級)向けには1モーター式、中大型車(排気量2リットル級)向けに2モーター式、大型・スポーツカー(排気量3.5リットル超)向けに3モーター式をラインナップする。これら3タイプのエンジンを、自動車のカテゴリーによって使い分けていく戦略だ。

1モーター式は今秋に投入する新型「フィット ハイブリッド」やフィット派生の小型セダン・SUVに搭載、3モーター式は高級セダン「レジェンド(海外名:アキュラRLX)」に搭載され、順次、発売される。1モーター式を搭載する新型「フィット ハイブリッド」は、燃費性能でトヨタ自動車の「アクア」を抜きナンバーワンとなる見込みの大本命車種だ。新型フィットに弾みをつけるためにも、アコード ハイブリッドで新HVシリーズを好発進させたいところだ。

(撮影:尾形 文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。