ホンダ、新型「アコード」HV専用で登場

新ハイブリッドシリーズが始動

今回の新型アコードを皮切りに、ホンダは、HVのラインナップを急拡大する計画だ。

ホンダは、ハイブリッドエンジンについて、従来のハイブリッドシステムに代わり新たなシステムを開発、小型車(排気量1.5リットル級)向けには1モーター式、中大型車(排気量2リットル級)向けに2モーター式、大型・スポーツカー(排気量3.5リットル超)向けに3モーター式をラインナップする。これら3タイプのエンジンを、自動車のカテゴリーによって使い分けていく戦略だ。

1モーター式は今秋に投入する新型「フィット ハイブリッド」やフィット派生の小型セダン・SUVに搭載、3モーター式は高級セダン「レジェンド(海外名:アキュラRLX)」に搭載され、順次、発売される。1モーター式を搭載する新型「フィット ハイブリッド」は、燃費性能でトヨタ自動車の「アクア」を抜きナンバーワンとなる見込みの大本命車種だ。新型フィットに弾みをつけるためにも、アコード ハイブリッドで新HVシリーズを好発進させたいところだ。

(撮影:尾形 文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT