ホンダ、新型「アコード」HV専用で登場 新ハイブリッドシリーズが始動

印刷
A
A

今回の新型アコードを皮切りに、ホンダは、HVのラインナップを急拡大する計画だ。

ホンダは、ハイブリッドエンジンについて、従来のハイブリッドシステムに代わり新たなシステムを開発、小型車(排気量1.5リットル級)向けには1モーター式、中大型車(排気量2リットル級)向けに2モーター式、大型・スポーツカー(排気量3.5リットル超)向けに3モーター式をラインナップする。これら3タイプのエンジンを、自動車のカテゴリーによって使い分けていく戦略だ。

1モーター式は今秋に投入する新型「フィット ハイブリッド」やフィット派生の小型セダン・SUVに搭載、3モーター式は高級セダン「レジェンド(海外名:アキュラRLX)」に搭載され、順次、発売される。1モーター式を搭載する新型「フィット ハイブリッド」は、燃費性能でトヨタ自動車の「アクア」を抜きナンバーワンとなる見込みの大本命車種だ。新型フィットに弾みをつけるためにも、アコード ハイブリッドで新HVシリーズを好発進させたいところだ。

(撮影:尾形 文繁)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT