「働いたら負け」がウソである6つの根本理由

「カネがあれば仕事しない」では人生間違える

学校の勉強は特定の問題を短時間で処理することが目的でした。会社における学びは、問題づくりから始まり、答えを探して、現実にそれらを実行するまですべてにかかわるプロセスです。それはとても創造的な活動です。ですから、人は学ぶことで人生を豊かにすごすことができます。

5つ目、「働くことは、信用をもたらす」。

働くことは、責任を引き受けることです。責任のない仕事はありません。ですから、きちんと働く人は、きちんと責任を果たしている人とされ、社会的に信用されます。

また、信用はおカネで買うことができません。例を挙げましょう。あなたは、目の前の人が単におカネを持っている、というだけで信用できますか? おそらくできないと思います。信用は積み上げた行動でのみ、測られるからです。

きちんと働くことは、信用を積み上げる第一歩です。

ほんとうの自信は他者を必要としない

『「仕事ができるやつ」になる最短の道』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

6つ目、「働くことは、自信をもたらす」。

あなたには自信はありますか? 自信は大切です。

こう言うと、自信過剰は困るし、妙なプライドは持つべきでない、というご指摘をもらうこともあり、ネガティブな側面を思い浮かべる人も多いかもしれません。

でも、誰にとっても「真の自信を持つこと」は大事だと思います。真の自信は、それまでにその人が積み上げた実績によってのみ得られるもので、虚勢や高慢とは無縁です。

虚勢や高慢は、自信を持っている人の行動ではなく、「自信がないから、他者に認めてもらいたい」というだけのものだからです。

ほんとうの自信は他者を必要とせず、「自分の力を発揮して、何かを成し遂げた」人だけにもたらされるものです。

働くことは、何かを成し遂げることです。自信は、一生懸命働くことから生まれます。

以上です。これは私の個人的な考え方なので、学生のあなたがどう思うかはわかりません。

でも、あなたの疑問への1つの答えとなることを祈ります。

質問をしたその学生からは、働くということに対して悶々としていたものが明確になったと、感謝のメールをもらったそうである。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。