ホンダのエコカー、“全方位"戦略の成算

クリーンディーゼル、ターボ技術も果敢に研鑽

また、15年に130万台(12年60万台)の販売目標を掲げているが、既存工場の稼動拡大と建設中の広州第3ラインの稼動でまかなえるという。なお、足もとの販売動向は5月に前年同月比プラス4%となったが、市場全体はプラス18%でまだまだ市場の伸びに追いついていないと厳しい認識を示した。

このほか、欧州やインドではディーゼル車、タイでは天然ガス(CNG)車やエタノール車、ブラジルではエタノール車を拡充するなど、各地域で進められている環境政策に応じた商品投入を強化していく方針を強調した。

関連記事
トピックボードAD
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • インフレが日本を救う
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。