トヨタ経営陣が目指す「真の競争力」

株主総会で語った、トップの思い

――他社のクルマで好きなのは?

豊田社長 自分にはトヨタの社長の顔と、レーサー“モリゾウ”という2つの顔がある。モリゾウは他社のクルマでもいいクルマならほめる。でもそのクルマが何かについては、トヨタの社長としては企業秘密。この場での回答は控えさせてください。

「設備投資をせず、生産性を10倍にするのが競争力」

――トヨタの持続的成長に向けた「真の競争力」とは何か。具体的に説明してほしい。

新美篤志副社長 私の課長時代から不良品は20分の1、災害は6分の1に減った。生産面のリードタイムは半分になった。それでも問題は多いと思う。本来は不良品も災害もゼロであるべき。在庫は発生するし、ラインの繁閑もある。変化の多い時代にリードタイムが長いのは問題だ。われわれだけでなく部品メーカーや販売店も含めてカイゼンのネタは多い。現状に満足せず、進んでいくと高みが見えてくる。これが競争力につながる。

豊田社長 世界経済のグローバル化に伴い労働力の安価な場所で作ることで競争力が生まれると勘違いした時代があった。だが、われわれの先人たちは、石油ショックの時代に石油の使用量を減らして乗りきった。むやみに設備投資をせずに生産性を10倍にするのが競争力だ。21世紀の工場は全部ロボットが生産すると夢見ていた。だが、現在も工場では多くの人々が働いている。人間の知恵は無限だ。

――現在のトヨタが懸念する事項は?

豊田社長 自然災害をはじめ、予期しないリスクに絶えず直面している。予想をたてて備えるだけでは不十分だ。ある事象が起きたら現地現物を確認し優先順位をつけていく。トップの責任は決めることと責任をとること。3秒で決断することもあるが、その3秒のために残りの24時間がある。

――株主総会招集通知に“社会に役に立つ”“前進する”と書いてあるが、どのように前進するのか。

豊田社長 トヨタは昨年、75周年を迎えた。歴代のトヨタの社長は自分のやっていることが花開くのは自分の世代ではなく、次の世代だと思ってやっている。現役の苦労は将来に花開く。そこにロマンを感じる。私はいずれトヨタを去るがトヨタは残り続ける。これからの25年は次の100年に向けて、トヨタがトヨタであり続けるための努力をしていきたい。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT